JR三ノ宮駅から徒歩5分!友達の家のようなレンタルスペースで皆さんの夢や野望、大好きなことに取り組んでみませんか?

糸さし曼荼羅アート講座「アートサロンさくら会」ゆしき

糸さし曼荼羅アート講座「アートサロンさくら会」ゆしき
13348656_907214462721166_2122196258_n

出店場所:2階
出店時間:14:00-17:00

糸さしマンダラアート講座
参加費✱3,000円

募集人数:5人

プチ手相鑑定ももれなくしてもらえます✱

(・∀・){糸さし曼荼羅ってどんなものですか?
曼荼羅(まんだら)という言葉は、サンスクリット語では円のこと、仏教やヒンズー教では仏像の絵画のことを言うそうです。
糸さし曼荼羅とは、素数を使って、糸で作る曼荼羅のことで、
素数とは、正の約数が 1 と自分自身のみである自然数で、 1 でない数のことである。

糸かけ曼荼羅は、ピンを数えながら糸を規則正しくかけていくことで次第に模様が浮かび上がってくるアートです。
あらかじめ決めた素数(番目)がきたら、そのピンに糸をかけます。
木に丸く配置された釘にひとつずつ糸をかけていくのですが、2.3.5.7.11.13… そう、「素数」を使って模様を作っていくのです。

完成した曼荼羅は、今の自分と未来の自分を表すのだそうです。
ピンを打ったところが三次元(現在)、そして最後の糸かけで未来に自分が行くところ(五次元)の宇宙とつながることで曼荼羅が完成。
真横から見ると、一番最後にかけた糸だけ釘のあたまの方に寄せてあるのです。
これが五次元をあらわすんだそうで。
板に釘を打ちつけた部分が三次元。そして五次元と三次元の間にできた空間が四次元だそうです。

そんな神秘的な糸差し曼荼羅
ぜひこの機会に創ってみませんか?

(・∀・){「アートサロンさくら会」ゆしきさんのことをもっと知りたい方はこちら✱
http://yushiki.xsrv.jp/wp/

****************************************
「私は資格マニアやねん」
と、たくさんのカルチャー的な技をお持ちのゆしきさん✱
カードや色、アートなど多ジャンルの技をお持ちで
講座も随時開催されているお方です^^

初めの方に掲載していた糸差し曼荼羅アートはゆしきさんが作られたもので
A4サイズぐらいの大きさで
初めて見たときは「おぉー!!」っとなかなか圧倒されるものでした(゚д゚)!

1編み1編み編み込んでいくことで
自分と向き合う「糸差し曼荼羅アート」

普段忙しい毎日の中ですが
自分と向き合う自分だけの時間をこの機会に持ってみませんか?
糸さし

料金案内

TEL 078-855-2443 営業時間:10:00-22:00
(事前予約がある場合、時間外対応をさせて頂きます)
定休日:毎週月曜日
(月曜日が祝日の場合、翌日がお休みとなります)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

料金案内

  • facebook
  • twitter
糸さし曼荼羅アート講座「アートサロンさくら会」ゆしき
このページを
スマホでチェック!
PAGETOP
Copyright © 神戸ネット&レンタルスペースなゆた All Rights Reserved.
Powered by mixgarch